61050円,エスプレッソ,PLH(木製ノブ仕様),Pavoni(,/monumentalize1509115.html,家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・エスプレッソマシン , エスプレッソマシン,プロフェッショナル,www.comics.marjee.org,」正規輸入品・送料無料,ラ・パボーニ,【送料無料】【正規輸入品】,)「,コーヒーメーカーLa,コーヒーマシン 61050円 【送料無料】【正規輸入品】 コーヒーマシン エスプレッソ コーヒーメーカーLa Pavoni( ラ・パボーニ )「 プロフェッショナル PLH(木製ノブ仕様) 」正規輸入品・送料無料 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・エスプレッソマシン エスプレッソマシン 送料無料 正規輸入品 コーヒーマシン エスプレッソ 最大71%オフ! コーヒーメーカーLa Pavoni パボーニ PLH 木製ノブ仕様 プロフェッショナル ラ 61050円 【送料無料】【正規輸入品】 コーヒーマシン エスプレッソ コーヒーメーカーLa Pavoni( ラ・パボーニ )「 プロフェッショナル PLH(木製ノブ仕様) 」正規輸入品・送料無料 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・エスプレッソマシン エスプレッソマシン 送料無料 正規輸入品 コーヒーマシン エスプレッソ 最大71%オフ! コーヒーメーカーLa Pavoni パボーニ PLH 木製ノブ仕様 プロフェッショナル ラ 61050円,エスプレッソ,PLH(木製ノブ仕様),Pavoni(,/monumentalize1509115.html,家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・エスプレッソマシン , エスプレッソマシン,プロフェッショナル,www.comics.marjee.org,」正規輸入品・送料無料,ラ・パボーニ,【送料無料】【正規輸入品】,)「,コーヒーメーカーLa,コーヒーマシン

送料無料 正規輸入品 コーヒーマシン エスプレッソ 最大71%オフ コーヒーメーカーLa Pavoni パボーニ 激安人気新品 PLH 木製ノブ仕様 プロフェッショナル ラ

【送料無料】【正規輸入品】 コーヒーマシン エスプレッソ コーヒーメーカーLa Pavoni( ラ・パボーニ )「 プロフェッショナル PLH(木製ノブ仕様) 」正規輸入品・送料無料

61050円

【送料無料】【正規輸入品】 コーヒーマシン エスプレッソ コーヒーメーカーLa Pavoni( ラ・パボーニ )「 プロフェッショナル PLH(木製ノブ仕様) 」正規輸入品・送料無料






ここがポイント!


ジェットでミルク・フォーム作り!
パボーニが誇る、ジェット・スチームの噴出口です。

小型機では不可能とされていた、カプチーノ用のミルク・フォームがパボーニならすばやく、見事に出来上がります。

作り方は簡単。
ちょっと大きめのミルク・ピッチャー(約350cc)に牛乳を半分いれ、表面でジェット・スチームを全開するだけ。
あっという間にミルク・フォームの出来上がりです。

これで、ホイップクリームを使わない本場イタリアン・カプチーノをお勧めいただけます。
そのほか、ホット・ミルクをはじめ、さめた飲み物の温め直しにジェット・スチームは大活躍します。



マイクロ・フィルターで
おいしいエスプレッソ!


香りたかいコーヒーエキスを抽出するための心臓部。
マイクロ・フィルターをセットする、エキプレッソ・マシン独特のホルダーです。

ハンドル・レバーの操作で、シリンダー内に送り込まれた圧縮蒸気が、ここでコーヒー・パウダーを隅々まで潤し、スキューマに富む豊かなカフェ・エスプレッソを生み出す準備をします。

コーヒーエキスの抽出率も非常に高く、パウダー消費量も一杯分6gという秘密も、このホルダーとマイクロ・フィルターのコンビネーションにあります。



時代を超えて息づく「パボーニ・スピリッツ」

パボーニ社は、1905年イタリア・ミラノに創業以来エスプレッソコーヒー・マシンひとすじに歩んできた伝統ある会社であり、良い意味での”プロのこだわり”を大切に守っているスペシャリストでもあります。

その”プロのこだわり”はフォルムにも端的にあらわれ、100年間幾多のマイナーチェンジを経てきた現在でも、発売当時の原型は殆どそのままという見事さ。

また機能本位をモットーに余分なアクセサリーやカバーリングを一切省いた一徹さが、何故かアンティーク派、ハイテック派、ポストモダン派にも新鮮な衝撃を与えています。


創業当時のパボーニ社・デモショップ




正規輸入元がお届けする商品なので
安心してお使い頂けます。






パッキング交換、
オーバーホール、
修理等、
ご購入後のメンテナンスに関しましても、
お気軽にご相談下さい。


入荷した商品全てに、入念な検品を行います。
ボルトやビスの増し締め、安全装置等の動作確認…
正常な動作がされるまで調整を繰り返し行い、ベストな状態で出荷されます。






本場イタリアン
カプチーノの作り方











『大切にしたいプロのこだわり!!』

パボーニ社《Pavoni社》
エスプレッソコーヒーマシン
『 プロフェッショナル PLH 』
(ボイラーキャップ・レバーハンドル・ホルダーハンドル・スチームノブ 木製)


【主な仕様】
電  源:単相100V 50/60Hz
消費電力:750W
実用量 :800cc(デミタスカップ16杯分)
サイズ :20×27×30cm(幅×奥×高さ)
重量  :5450g
付属品 :
●コーヒー・プランジャー
●一杯用・マイクロフィルター
●二杯用・マイクロフィルター
●メジャー・スプーン
●専用ミルクフォーマー
●金属製ソーサーデッキ
※樹脂製ソーサーデッキも付属
●ボイラーキャップ・レバーハンドル・ホルダーハンドル・スチームノブ 木製(ブナ)
【正規輸入品】

※使用中は非常に熱くなりますので、お取扱いには充分ご注意ください。

◎当店はメーカーより入荷いたしました商品を、
調整・点検の上ご出荷しております。
◎パッキング交換等、ご購入後のメンテナンスに関しましては
担当者までご相談下さい。


【送料無料】【正規輸入品】 コーヒーマシン エスプレッソ コーヒーメーカーLa Pavoni( ラ・パボーニ )「 プロフェッショナル PLH(木製ノブ仕様) 」正規輸入品・送料無料

Recent entries
2021/12/31 (Fri) 後悔が激減の2021年
2021/09/07 (Tue) 3か月何してた?
2021/05/28 (Fri) レザーライフ
2021/05/22 (Sat) 夜のひとりスタジオ
2021/05/19 (Wed) HELLO BLUE
2021/05/17 (Mon) ランチ酒
今回は、2021年に読んだ本の中から
何冊か紹介したい。

選んだポイントは、どれだけ作品に入っていけたか。
結末が爽やかとか劇的とかは重視しない。
大作だが、説明が多かったり、だらだら長いものはアウトにした。

振り返ってみて、最初に思いついたのは、
大沢在昌「海と月の迷路」だった。
長崎の軍艦島で起こった不可解な溺死の真相を追う警察官の話だ。
 
石炭採掘のために開発が進んだ軍艦島は、
南北320m、東西120mの小さな島で、
1960
年頃は5000人以上が住んでいた。
住民は、炭鉱関係者(炭鉱関係者相手の産業も含む)と
その家族のみだった。
面積が狭いので、建物は高層化し、
日本初の鉄筋コンクリート造りのアパートもあった。

地理的にも人間関係も極めて閉鎖的で、
隠ぺいと理不尽が蔓延する世界が克明に描かれていた。
旅行願望が薄い私だが、軍艦島は行ってみたい。

長浦京「リボルバー・リリー」も圧のある作品だった。

1910
年代の東京が舞台で、主人公は元スパイの女性。
彼女は、軍によって家族を殺され一人の少年を救うため、
軍と戦いながら逃避行をする話。

展開が早い、緊張が途切れない、文章にエネルギーがある、
登城人物のキャラクター設定が巧いなど、
じっくり入り込んで読める、
ハードボイルドでミステリアスな作品だった。

毎年、初めて作品を読み、ちょっとはまる作家に出会うが、
2021年は「原田ひ香」だった。
「ランチ酒」が面白かったので、他の作品も3冊読んだ。

「ランチ酒」は、深夜に働く主人公の女性が、
仕事帰りの昼食に、アルコールも注文するという設定で、
美味しいものを求めて、電車で昼食に行ったりもする。

食べ物の説明が上手だし、それを食する背景づくりも良い。
そこに人間関係などの厄介ごとが絡み、面白く読めた。

河崎秋子さんも2021年に出会った作家だ。
北海道在住で、北海道を舞台にした作品が多いので気になっていた。
「土に贖う」は、心が揺さぶられる作品だった。

明治から昭和にかけて、北海道の各地にあった様々な産業の
盛衰を描いた7作の短編で、
別海(ミンク)、北見(ハッカ)、江別(レンガ)、桑園(養蚕)
などが舞台になっている。

どの作品も昔の北海道での厳しい生活が目に見えるようで、
というより、息遣いや、匂いや温度が感じ取れる、
そんな迫力のある作品だった。
「2021年の一冊」と聞かれたら、この作品だろう。

このほかでは、久しぶりに薬丸岳さんと木内一裕さんの
作品を複数読んだ。
薬丸さんは「誓約」木内さんは「嘘ですけど、何か」が、
特にどんどんページをめくらせてくれた。
近藤史恵「私の命はあなたの命より軽い」
伊藤朱里「きみはだれかのどうでもいいひと」も面白かった。

                  ◆

時々、読書をするために、ローカル線の電車に乗りたくなる。
人がまばらでなければ乗りたくないので、札幌発着は不可だ。

2020年に、秋の終わりに岩見沢―苫小牧を試してみたら、
なんとも言えずリラックスできた。

まあまあ近場でいえば、倶知安-長万部や、滝川―富良野に
乗車したいのだが、スタート地点に行くだけで結構な手間だ。

札幌に住んでいると、
人がまばらな電車に乗ることは贅沢なのだと感じる。
そこに行くまでに、時間とお金を使うだけではなく、
わずかな乗客のために運行するのに、
多額の経費がかかっているわけで。

非効率なことって、実なすごく贅沢で、
でも、効率的なだけじゃ、味わいが薄くなったり、
逆にわかりにくくなったりして。
しかし、非効率のために、
そんなに税金を使っていいんですか、となるわけで。

人口減少にしても、ある種の非効率を生むが、
人口減少をほんの少し食い止めるために、
多額のお金を使うことも非効率なわけで。

本の話のはずが、電車の話をして脱線したので、今日はここまで。

スポンサーサイト





| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2022 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.